薬剤部

薬剤部

私たち病院薬剤師は、医師・看護師などとともにチーム医療の一員として、
「安全安心の薬物治療の継続」「ロービジョン患者への服薬支援」「臨床研究の推進」を目標に、
薬剤師全員が力を合わせて薬物治療の提供に努めています。

スタッフ紹介

  • 薬剤師 5名※
  • 薬剤事務 1名

※うち1名(薬剤部長)は神戸市立医療センター中央市民病院薬剤部部長兼務

業務内容

1.調剤業務

入院および外来ともに電子カルテシステムが導入され、システムと連携した調剤システムが稼働し、 安全かつ効率化を図っています。薬剤師は用法・用量・相互作用・処方日数などをチェックし、疑問が生じた場合は直接医師に相談しています。

2.薬剤管理指導業務/病棟薬剤業務

病棟に薬剤師が常駐し、医師、看護師などと相談しながら、薬学的視点、患者さんの視点から、有効かつ安全な薬物治療を支援しています。 また、副作用回避のための処方提案、患者さんのアドヒアランス※の向上、自己管理への支援など、安全で効率的な薬物治療のために活動しています。
入院時には、持参されている薬を確認し、今後の治療に影響を与える可能性のある薬を服用している場合には、医師と情報共有し、処方を変更することもあります。

※アドヒアランス:病気に対する治療方法について、患者が十分に理解し、服用方法や薬の種類に十分に納得した上で実施、継続すること

3.医薬品情報業務

薬を適正かつ安全に使用するためには、医薬品情報が重要になります。様々な医薬品情報を入手し、評価、整理した上で院内に定期的に情報提供します。 緊急安全性情報、安全性速報等の重要な情報については、電子カルテやメール等で院内スタッフに速やかに提供しています。
また、院内で発生した副作用に関しては、医薬品情報管理室で管理し、医師や病棟薬剤師と連携した後、医薬品医療機器総合機構(PMDA)への報告を行っています。
その他に、医療スタッフからの質問への対応、薬事委員会事務局業務、医薬品集作成等の業務も行っています。

4.入院前内服薬確認

入院・手術予定の患者さんについて、必要に応じて、入院前に常用薬を確認します。 もし、手術に影響を与える薬を服用している場合には、医師と情報共有し、手術前に休薬していただく場合があります。

5.緑内障薬剤師外来

当院では緑内障用点眼薬を安全に継続いただくことや、点眼手技を上手く実施いただくことを目標に緑内障薬剤師外来を実施しています。 確認した内容は患者さんからご同意をいただければ、かかりつけ薬局へ情報共有も行っており、地域全体で治療の質を向上できるよう取り組んでいます。

緑内障について

緑内障は、目と脳をつなぐ視神経が障害され、徐々に視野障害が広がってくる病気です。40歳以上の約20人に1人は緑内障と考えられています。
緑内障治療は、眼圧を下げることにより進行しにくくなりますので、できるだけ早期に緑内障を発見し、目薬で眼圧を低く保つことが大切です。(引用:日本眼科医会)

薬剤師外来について

当院では、緑内障用の目薬を安全に継続いただくこと、上手に点眼いただくことを目標に緑内障薬剤師外来を実施しています。
緑内障は、目薬を毎日忘れずに正しく使うことで進行を遅らせることができます。 一方で、目薬にも副作用があり、正しく点眼することや、適切な予防をしなければ生活の質に影響をあたえることもあります。
点眼がうまくいかない、点眼をすると目の周りが荒れるなど、点眼にお困りの方は主治医へご相談いただき、是非、薬剤師外来をご活用いただければ幸いです。

6.院内製剤

院内特殊製剤は特定の患者さんに、治療上不可欠な製剤であっても採算が取れず市販されていないものを、医師の要望により病院内で審査したのち調製しております。 主には、市販化されていない点眼薬等の調製になりますが、手術時に使用する医薬品などの分注なども、クリーンベンチを使用し、無菌的に調製しています。

7.医薬品在庫管理

医薬品の購入、保管、各部署への供給等をコンピューター管理で効率的に行っています。 病棟、外来の医薬品等は薬剤師が定期的にチェックを行い、適切な数量・期限などの薬品管理を行っています。

8.治験・臨床研究管理

研究センター治験臨床研究管理部門に薬剤師を配置し、院内で行われる治験や「人を対象とする生命科学・医学系研究に関する倫理指針」に基づく臨床研究、iPS細胞を用いた再生医療などの臨床研究の管理も行っています。

9.論文、学会発表、講演会など

2020年度

[論文投稿]
○田中郁壮、柴谷直樹、藤田和美、吉水 聡、室井延之、栗本康夫、橋田 亨
「Polypharmacy-associated potential contraindications of drug prescriptions in patients with primary angle closure disease in a real- world setting」(原発閉塞隅角病 (PACD) 患者における緑内障禁忌薬の処方状況と代替薬の検討).
雑誌名:Journal of Pharmaceutical Health Care and Sciences.

○倉本 恵里子、室井 延之、平畠 正樹、平山 晴奈、柴谷 直樹、𡈽井 朝子、栗本 康夫、橋田 亨
「眼科日帰り手術クリニカルパスの変更に伴う経口第3世代セファロスポリン系抗菌薬使用量変化に関する検討」
雑誌名:日本化学療法学会雑誌

[学会発表]
○大江 泰、柴谷直樹、宮坂萌菜、平野達也、藤原雅史、室井延之、橋田 亨
「緑内障患者における点眼薬アドヒアランスに関連する因子の検討」
第30回日本医療薬学会、WEB開催、2020年10月24日~11月1日

○木下 恵、柴谷直樹、平野達也、宮坂萌菜、大江泰、吉水 聡、藤原雅史、室井延之、栗本康夫、橋田 亨
「地域保険薬局と連携した緑内障薬剤師外来の評価」
第31回日本緑内障学会、WEB開催、2020年10月2日~4日

○柴谷直樹、平野達也、宮坂萌菜、大江 泰、伊都知子、藤田佳奈子、前田忠郎、栗本康夫、髙橋政代、室井延之
「再生医療臨床研究実施における研究センター管理部門への薬剤師配置の効果」
第42回日本病院薬剤師会近畿学術大会、大阪、2021年1月30日~1月31日


2019年度

[学会発表]
○田中郁壮、柴谷直樹、藤田和美、吉水 聡、室井延之、栗本康夫、橋田 亨
「原発閉塞隅角病(PACD)患者における緑内障禁忌薬の調査と代替薬の提案」
第30回日本緑内障学会、熊本、2019年9月6日~8日

○宮坂萌菜、柴谷直樹、木下 恵、大江泰、室井延之、橋田 亨
「ロービジョン患者への服薬指導における薬剤師の意識調査」
第29回日本医療薬学会、福岡、2019年11月2日~4日

○柴谷直樹、宮坂萌菜、木下 恵、大江泰、室井延之、橋田 亨
「ロービジョン患者におけるアドヒアランス向上を目指した薬剤師連携の構築」
第41回日本病院薬剤師会近畿学術大会、兵庫県、2020年2月15日~16日

[薬薬連携研修会]
○眼科疾患患者へのアドヒアランス向上のための情報交換会
神戸アイセンター病院、2019年5月13日(月)18時~

○ロービジョン患者へのアドヒアランス向上を目指した取り組みについて
神戸アイセンター病院、2019年12月17日(火)18時~


2018年度

[学会発表]
○柴谷直樹、藤田和美、田中郁壮、別府あかね、室井延之、栗本康夫、橋田亨
ロービジョン患者に対するアドヒアランス向上のための服薬支援
第28回日本医療薬学会年会、神戸、2018年11月23~25日

○田中郁壮、柴谷直樹、藤田和美、吉水 聡、室井延之、栗本康夫、橋田 亨
原発閉塞隅角病(PACD)患者における緑内障禁忌薬の処方状況と代替薬の推考
第40回日本病院薬剤師会近畿学術大会、奈良、2019年1月19~20日

[講演会]
○柴谷直樹
ロービジョン患者に対するアドヒアランス向上のための服薬支援と新たな業務展開
第6回ポートアイランド医看薬薬連携の会、神戸、2018年9月19日

疑義照会、薬剤情報の問い合わせ方法について

院外処方箋における疑義照会については、薬剤部では取次ぎ・回答は致しておりません。 当院発行の院外処方箋の処方内容について疑義がある場合には、処方医に直接電話をして照会していただきますようお願いいたします。
なお、処方箋の保険等については、事務局へご連絡下さい。

処方変更が行われた場合の対応について

処方内容を医師に疑義照会した後、処方変更などがあれば「処方箋疑義照会結果連絡票」に必要事項を記入し、当院にFAX送信してください。
当院では、お送りいただいた「処方箋内容疑義照会結果連絡票」に基づき、薬歴の確認を行います。

服薬情報提供書(トレーシングレポート)について

当院では服薬情報提供書(トレーシングレポート)を用意しております。
※疑義照会とは異なります。

保険薬局にて即時性は低いものの「処方医師への提供が望ましい」と判断された内容についてFAXにて服薬情報提供書を送信下さい。
薬剤部で内容を確認し、医師へ情報伝達を行うことで、共有化を図ります。

緑内障薬剤師外来の施設間情報提供書の返書について

当院では、緑内障薬剤師外来を実施しており、得られた情報は患者さんの同意もとでかかりつけ薬局へFAXにて共有しております。
以下に、FAXの際に併せて送付しております返書を添付いたしました。
必要に応じてご活用くださいますよう、よろしくお願いいたします。

後発医薬品変更後の当院への情報提供について

先発医薬品から後発医薬品へ処方を変更される場合は、下記の方法により情報提供をお願いします(電話・FAXでの調剤した薬剤の銘柄等に関する情報提供は不要とさせていただきます)。

1. 後発医薬品へ変更後、患者さんに説明書をお渡しいただくかお薬手帳に変更内容を明記していただくようお願いいたします。
2. 患者さんが次回当院を受診される際に、これらを医師に見せていただけるようご指導をお願いいたします。

一般名処方の開始について

令和1年11月5日より、一部の医薬品について一般名を用いた院外処方せんの発行を開始しております。
詳細内容と対象医薬品については以下をご確認の上、ご対応をお願いします。

当院採用薬について

薬事委員会報告(新規採用・削除・変更となった医薬品)

問い合わせ先

ご不明な点がございましたら、当院薬剤部まで問い合わせ下さい。

問い合わせ先:078-381-9876(代表)
FAX送付先:078-381-9910(薬剤部宛て)